世界中の株式に一括投資できる『バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)』から2015年最後の配当金を頂きました。

以前はリスク資産として様々な株式に投資してきましたが、今となっては世界中の株式に一括投資してくれる[VT]バンガード トータル ワールド ストックETFを積み立てています。

その[VT]バンガード トータル ワールド ストックETF から2015年最後の配当金を頂きましたのでご報告したいと思います。

 

スポンサーリンク


バンガード トータルワールドストックETF

vt

[VT]バンガード トータル ワールド ストックETFから1株あたり0.368$分の配当金を頂きました。

保有株数は62株なので、「外国源泉徴収税」を差し引きますと実際に受け取った分配金の金額は20.54$という事になりました。

為替レートを掛け合わせまして、実際に受け取った分配金の金額は2,455円です。

 

このバンガードのトータルワールドストックETF(VT)は、先進国、日本、新興国などの世界中の株式に一括投資してくれます。

もともとは、私も先進国株式、日本株式、新興国株式それぞれの投資信託を積み立てていたんですが、仕事が忙しいとそれぞれを買うってことができなくなるんです。

そんなときに一括でいろんな国に投資することができるETFは便利ですよね。

仕事も大切ですし、プライベートを充実させることも大切だと思ってるんですよね。

毎日、証券会社のサイトにログインして一日中投資のことを考えるよりも、できるだけ投資のことは忘れて、生活の質を向上させるために活動することが大切なんじゃないかと思うんです。

 

スポンサーリンク


株式の下落はディスカウントセールと思えるかが資産運用の成功の秘訣

2016年に入って、世界中の株価が大幅下落してます。

年初めはいろんな法改正があったり、経済的にも節目になるので荒れやすいのでしょうか?

今まで比較的ずっと上昇基調であった株価ですので、大幅な下落となると気が気でない人もいるでしょう。

2016年は大荒れしそうな空気感も漂っていますが、どうなるかなんて誰にもわかりません。

自分でいろいろ調べて、この企業に投資しようとしたり、手数料の高いアクティブファンドに投資してプロに任せようとしても、市場の平均(インデックス)には勝てません。

なので、投資方法などに迷っている人や、仕事が忙しい人はインデックス投資をやってみませんか?

インデックス投資について、データを基に論理的に説明されているこの本を読んでみましょう。

投資に関してのイメージが変わるかもしれませんよ。

 

大幅下落した時に落ち込むのか、それとも「ディスカウントセール」が来たとポジティブに考えるのかは結構大事じゃないですか?

私が資産を必要とするのって、20~30年後のことなんです。

資産形成している今、価格が上がられるよりも値下がりして、いっぱいの積み立てを実行できるかが勝負なんですよ。

そう思えば、今はポジティブにコツコツと積み立てていけないでしょうか。

決して、売ってはダメ!ですよ。

自分の判断で売買すると結局リターンを下げることになりかねない。

私は、今回の下落でポートフォリオのリスク資産が減少し、現金比率が高くなったので、その分をリスク資産の買い付けに回そうとしています。

もっと下落があれば、決められた資産配分の中でリスク資産の買い付けはやっていきますよ。

【関連記事】
世界株安を経験した回数が多いほどリターンが向上するという事実。だから気にするな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です