引越しの季節!賃貸住宅を初期費用が安いフリーレントで借りる前に知っておきたいこと。

大学進学、就職、転勤と引越しと新生活の季節となりました。

わたしも今まで2回ほど引越しした経験があるんですが、今は住むところを借りる時に必要なお金って結構しますよね。
家賃に敷金、礼金、保証金など、、、

家賃5万円のアパートを借りるとしても、初期費用として20万以上かかる場合もあったりします。

私もそんな経験をしてきたのですが、初期費用を抑えようとする際に気をつけてほしいことがあります。

 

スポンサーリンク


フリーレントは一見お得だが・・・

賃貸住宅を探す際に一番多いパターンとしてネットの利用があると思います。

ネットには、家賃や敷金、礼金、保証料、駐車場代などが書かれていますが、初期費用の高さにうんざりするものです。

そんななか、3ヵ月分の家賃を無料にするというものがあります。

いわゆるフリーレントっていうやつです。

初期費用を抑えられるということで、お得感を感じるかもしれません。

しかし、長期的にみるとフリーレント3ヶ月で契約するより、家賃を下げて契約するほうがお得ですよ。

たとえば家賃6万円で4年住む場合、フリーレント3ヶ月なら、目先は18万円トクします。

そして、4年間の家賃支払総額は270万円です。

一方、フリーレントなしで、5万円で契約した場合、4年間の家賃支払総額は240万円と、30万円もお得なんです。

 

スポンサーリンク


フリーレントになっている意味を考えるべき!

考えてほしい。

フリーレントを設定している意味を。

どうして、フリーレントで借りられる物件なんでしょう?

大家さんにとっても普通に貸し出したいはずですよね。

実は、それだけ人気がない物件だということ。

人気がない理由は様々です。

・たんに需給関係の悪化なのか?

・特別な問題があるのか?

最近は相続対策、節税、不労所得という謳い文句でアパートがたくさん建築されていますから、需給関係がアンバランスになっている可能性もあります。

また、住宅の周りの環境が悪い可能性もあります。

そんな場合は、まわりの入居者もフリーレントに惹かれて入っているかもしれません。

どんな人がまわりに住むかも気になるところですね。

住宅を借りるとき、契約期間が決まっていたりするので環境の良いところを選びたいものです。

引越しする時に利用したいサービス

引越しする時期というのはみんな一緒です。

そして、引っ越し業者を利用する人というのは予想以上に多いんですよね。

そうなると、安い引っ越し業者を選びだし、できるだけ早く契約をしたほうが良いです。

そうしないと、自分が引越ししたい日に引っ越しができなかったりします。

さらに最悪なのが、今のアパートの荷物を引き揚げて、そのまま新居に持っていくのではなく、一旦倉庫に保管しておくというパターン。

新居に持って行けるのは2週間後です。と言われたこともありました。

できるだけ、早く引っ越し業者を選ぶということは新居を選ぶこと以上に重要といっても過言ではありません。

なお、ちまたにはいろんな引っ越し業者がありますけど、各社に一件ずつ見積もりを取るのはとても大変でした。

新生活をするために、会社内の引き継ぎや身辺整理をするだけでも結構大変なんですが、引越し業者に一件ずつ見積もりを取るのはやっていけません。

そんなときには、引越し会社の比較サイトHOME’S 引越し見積もりをおすすめします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です