【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの株価チャートを久しぶりに見て、世界の株安を実感。

日本の株式市場が下落しているみたいですね。

毎日、仕事から帰ってきたらすぐに寝てしまうので、大幅に下落していることまでは気付きませんでしたよ。

それに加えて、マイナス金利?っていうのを黒田さんがしたとか。

為替も1ドル113円とかになっているとか。

最近の日本も忙しいみたいですね。

この大幅下落! で大損した人もいるのでしょう。

このブログに来てくれている投資家の人は大丈夫ですかね?

損失はしているでしょうけど、メンタル的に。。。

ちなみに、上の写真は「損失」で画像検索してみたら出てきました。

 

スポンサーリンク


【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETFのチャート

このブログに来ている人には、【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックと検索してくる人も多いんです。

結構、海外ETFということもあって敷居が高いかな~と思う銘柄なんですよね。

おそらく初心者は手を出さないでしょう。

 

敷居が高いというのは証券会社の口座を開く+その証券会社で海外の口座を開く

の2段階っていうだけなんですがね。

さて、久しぶりに【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックの株価チャートを見てみました。

そしたら結構値下がりしちゃってるのね。

そのチャートがこれ。↓

VT 20160211

2015年は【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックを全力買いしていた時期なんですが、5月15日あたりがピークだったっぽい。

ザ・高値買い!

ま~、気にしないけど。。。

その時は、下がるかもしれないけど、上がる可能性も高いよねと思ってみたけど。

結果、下がる。

投資ってそんなもんでしょ。

 

スポンサーリンク


20%のディスカウントセールと考えれば良い

高値付近で買っていたけど積み立て投資なので、じりじり下がっている途中でも買い続けています。

いわゆるドルコスト平均法ってやつなので、少しずつ取得単価が下がってきています。

チャート的には下がってきていますが、どうせまた上昇するので取得単価が下がるのはいいことです。

下落前の同じ値段に戻ったとしても、利益は増加しているんですから。

 

チャートを見てみると、

64.44ドル(2015年5月15日)

51.50ドル(2016年2月10日)

計算してみたんですが、2015年5月15日から2016年2月10日で20%ほど値下がりしています。

値下がりと思うのか、ディスカウントと思うのかは、あなたのリスク許容度の違いでしょ。

ディスカウントと思えないのであれば、リスクの取り過ぎかな~~。

 

ディスカウントと思える人は、20%も安くなったから今買い時だ~と興奮するでしょ。

洋服とかのセールみたいにワクワクしますもんね?

ただし、資産運用の場合、アセットアロケーションに基づき、買いすぎないようにしないとね。

ダメっすよ!

【関連記事】
【アセットアロケーションの正しい決め方】リスク資産が半分になっても精神的に耐えられるか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です