【おすすめの自動車保険】保険料の安さにはワケがある。いざという時に保険会社は頼りになるのか?

今年もやってきました。

ホンダ フィットの自動車保険の更新が。

毎年、毎年、この時期になると自動車保険の会社に見積もりを依頼するのが恒例となっております。

見積もりを取ると言っても、一社ずつアポイントを取って相談するわけにもいきません。

どんだけ時間と労力がかかるんでしょうね。

私は毎年、一括で複数社の自動車保険会社に見積もり依頼ができるサイトを利用しています。(もちろん無料)

これによって、住所や車の種類など一回の入力で契約に必要な情報を各社に送信してくれて保険料を算出してくれます。

結果は、登録されたメールアドレス宛に届いたり、郵送で送られたりするだけで、電話でのしつこい勧誘があるわけでもないので気軽に見積もりが取れるんです。

 

さて、自動車保険の保障を決めるのって、とても難しいと思うんですが、たくさんある補償内容の中で、私が外せないなと常々思っている補償があります。

一体、何だと思います?

 

スポンサーリンク


自分が被害者になった場合、保険会社は何もしてくれない

自動車保険に入るときって、相手に障害を与えてしまったらどうしようと思ったり、物を壊したらどうしようと、加害者の立場に立って補償内容を決めると思います。

 

しかし、事故って自分は気をつけているから大丈夫と思いがちですが、巻き込まれることだってありますよね。

つまり、あなたは被害者になります。

この被害者になった場合が厄介なんですよね。

実は意外に知られていないんですが、相手が100%悪い事故の場合、特約などをつけていない限り自分が加入している保険会社からは示談交渉も何にもしてくれないのです。

 

つまり、事故をもらった場合、入院料の支払いや賠償金の話などの交渉を入院中であろうが自分で行う必要があります。

病室では電話できないでしょうから、毎回ロビーなどに移動して相手(加害者)の保険屋と交渉しないといけません。

これが結構きつい。

体力的にもきついですが、プロを相手に交渉をするのが精神的にきつい。

何と言っても、相手の保険会社はできるだけ少ない金額しか払いたくないので、あらゆる手段を使ってきます。

相手はプロなんですから、もう歯が立ちません。

自動車保険は比較して安くする!

スポンサーリンク


事故の被害者になった時のために必要な特約とは

このようなことにならないように、被害者になってしまった時の対策が必要となります。

事故の被害者になった時に必要な特約が「弁護士費用特約」と呼ばれているものです。

この特約をつけることによって、もらい事故などの被害者になった場合に弁護士に示談交渉をお願いした際に発生する弁護士費用を補償してくれます。

相手の自動車保険会社の担当者は、保険のプロです。

なにがなんでも保険金を払わないように、あるいは払ったとしても少額で済むように言ってきます。

素人が立ち向かっても歯が立ちません。

そこで、こっちの対抗策として法律のプロである弁護士に依頼した方がいいでしょうね。

弁護士費用は100万ぐらい必要らしいですが、弁護士費用特約はほとんどの保険会社で、1,000円〜2,000円程度の保険料アップで済みます。

しかも、たいていの保険会社の場合、300万円までの弁護士費用を負担してくれるというのが多いので、とってもお得!

特約を使っても等級が下がることもないので、是非つけることをおすすめします。

 

自動車保険を選ぶときは一括比較して、価格と保障内容、対応力のバランスを見ることが大切。

このような理由で、私は自動車保険を選ぶときに「弁護士費用特約」をつけるようにしています。

弁護士費用特約をつけることで、保険料は少し上がりますが、自動車保険を一括見積もりするようになって、20,000円ちょっとの保険料なので、全然気にならないですね。

安さだけを追求しすぎると、いざという時に何にもしてくれないということになりかねないですしね。

数年前までは、弁護士費用特約が付けれる自動車保険って少なかったんですが、現在はとても多くなりました。

車の保険料を無料で一括見積もりして、自分にあったプランで最安値の自動車保険を選んだらいかがでしょうか。

自動車保険は比較しないと適正価格がわからない

テレビや家電製品を買うときは、いろんな家電量販店に見積もりを取って比較をして、一番安いところで買いますよね。

でも、自動車保険ってなると結構多くの人が比較をせずに適当に加入していますよね。

聞いたことある会社、ディーラーに勧められた、親や知り合いからの紹介などをきっかけに入っていませんか?

実は、比較をしていろんな保険会社の見積もりを見比べないと、その保険が安いのかなんて分かりません。

それどころか、同じ保障内容なのに一番高い自動車保険に入っていたなんてありえます。

なんでかって?

私がそのパターンでしたから。

自動車保険の一括比較サイトがおすすめ

この記事を読んでくれているということは、安い自動車保険にしたいと興味がある方だと思います。

また、自動車保険を安くするためのプロセス(過程)が知りたい人でしょう。

 

一番簡単なのが、保険の窓口「インズウェブ」に車種や年間走行距離などを入力して複数社の自動車保険会社に見積もりを依頼することです。

 

リアルタイムに、複数社から見積もりが送られてきますので、その見積もりを比較して一番安いところを選ぶだけ。

この会社、聞いたことない人もいるかもしれませんが、ソフトバンクグループの会社ですでに900万人の人が利用しています。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です