インデックス投資の一番のメリットは自分や家族との時間を大事にできること

セミリタイアをできるだけ早く実現するためには、貯金するだけではなく資産を増やしていくということも重要なファクターな訳です。

そのために資産運用というものがありますが、私は個別株の中期売買やデイトレード、FXなどを経験してきましたが今は、インデックス投資に落ち着いています。

日本人の投資に関する考え方などが時代とともに少しずつ変化しているからか、最近は長期で運用をするというのが浸透してきているなと感じます。

それに伴い、運用会社の方も信託報酬などのコストが安い投資信託やETFを発売するようになりましたね。

現在でも、低コスト化の競争は続いており、投資環境は良くなっています。

 

スポンサーリンク


インデックス投資は楽

このブログでも何回も紹介しているインデックス投資というのは、個別株に投資をするのではなく、指数に投資をする方法です。

「指数に投資をする」と言うと誤解を招くかもしれないので、もっと具体的にいうと日経平均225やTOPIXに投資をするということです。

 

こうすることにより、少ない資金でも分散投資ができるというメリットがありますし、プロが運用するアクティブファンドよりも運用実績が上というおまけもついてくるのです。

さらに私の場合は、バンガードのVTというETFに投資しているので、日本だけではなく全世界にとことん分散投資できております。

そんな訳で、基本的に毎月決まった額の分だけ、VT(バンガード)というETFを購入するだけでよく、情報収集やチャートの研究などは全くしていません。

つまり、投資にかける時間はいらないので、基本的に暇ですし、ほったらかしです。

インデックス投資の環境を良くしてこられた方の一人に、「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」というブログを更新されておられる水瀬ケンイチさんがいます。

 

「インデックス投資家は、ほったらかし投資と言っているくせに、全然ほったらかせていないじゃないか」
「インデックス投資家は、ほったらかし投資と言っているくせに、全然ほったらかせていないじゃないか」「インデックス投資家は、低コストファンド情報を追いかけまくったりして手間がかかりまくってるじゃないか」よく、こんなふうに揶揄されることがあります。…

 

そのブログには、以下のようなコメントが来るそうです。

「インデックス投資家は、ほったらかし投資と言っているくせに、全然ほったらかせていないじゃないか」
「インデックス投資家は、低コストファンド情報を追いかけまくったりして手間がかかりまくってるじゃないか」

よく、こんなふうに揶揄されることがあります。

水瀬ケンイチさんのブログには、そんな言いがかりに対する説明が分かりやすい絵とともにされています。

そして、ほとんどのインデックス投資家はほったらかし投資です。

水瀬ケンイチさんをはじめ、いろんな情報を集めて、まとめて、時には運用会社に意見を言ったりと活動的な印象があるので、インデックス投資が忙しいように勘違いするかもしれませんが、本当に一握りの人でしょうね。

逆に、私みたいな人間が暇そうにインデックス投資しているのは水瀬さんたちの活動のおかげです。

あざっす!!

 

スポンサーリンク


投資よりも大切なことをしようよ

個別株やデイトレード、FXをしていた時は毎日パソコンやスマホのディスプレイを見ていました。

ずっと頭から離れない。パソコンの前から動けないという日が続きました。

最初はいいかもしれませんが、正直疲れるんですよね。

そして、投資が生活の中心になっていました。

 

インデックス投資を始めたきっかけは、今までやってきた投資では儲かっていないので、何か儲かる投資方法はないかと探していたのが最初なんです。

ただ、今までの本というのはチャートの見方のテクニックなどを紹介するのが多かったですが、インデックス投資の本というのは、リターンとリスクの取り方、分散投資の仕方やなぜそれがいいのかを論理的に説明するものが多くて、納得できる内容のものばかり。

それで、インデックス投資を始めたのです。

「インデックス投資は暇」というのは副産物なのかもしれませんが、投資が生活の中心になるのは人生が勿体無い。

自分のやりたいことをしたり、家族との時間を大切にしたりと、投資なんかよりももっともっと大切なものはあるはずです。

今回は、インデックス投資をしていない人から水瀬ケンイチさんがやいのやいの言われているという記事がアップされていたので、私なりに思っていることを記事にしてみました。

時間を大切にするためにも、インデックス投資がどんなものなのか知っていただきたいですね。

水瀬ケンイチさんが書かれた本がアマゾンで販売されており、インデックス投資がどんなものなのか、なぜ世界に分散投資した方が良いのかが分かりやすく説明されています。

これから投資を考えている方や、インデックス投資をしていない人は一読の価値があると思います。

一番は、20代や30代の若い人に読んでもらいたいな〜。人生が変わると思う。

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です