【図解あり】ポートフォリオに新興国債券を加えたらリスクとリターンのバランスが良くなった。

child-542038_640

2014年の投資活動が終わり、総括としての記事を先日アップしましたが、その記事の中で私のポートフォリオも公開しております。

 

【参考】2014年は63万円を貯めました。資産推移とポートフォリオを公開します。

 

私のポートフォリオを見てくださった方は、新興国(エマージング)債権の比率が高いな~

 

ーと感じた方も多いかと思います。

 

 

インデックス投資家のブログを拝見していると、「国内株式、国内債券、外国株、外国債券」のアセットクラスを組み合わせたポートフォリオが多いですよね。

 

さらに、最近では外国債券不要論というものが話題になり、外国債券をポートフォリオに入れず「国内株式、国内債券、外国株式」で運用している方も見受けられます。

 

 

外国債券不要論を説明するときには、外国債券の特徴やそれがポートフォリオに与える影響など、事実やたくさんの情報を基に説明されているのでなるほどな~

 

―と感心しておりますし、一時期はそういった説明に納得して、私のポートフォリオにも反映しておりました。

[adsense]

スポンサーリンク


そんな私が、 新興国債券をポートフォリオに加えるようになったきっかけ

私がよく参考にしているサイトで「cubの日記 コツコツ投資で2千万貯めました」という投資ブログがあるんですが、その記事の中で「myINDEX」の資産配分ツールというものを紹介されていたので、私も使ってみました。

 

↓お気に入りの投資ブログ

cubの日記 こつこつcubの日記 コツコツ投資で2千万貯めました

※ブログ主は介護士をされており、とてもきつい職場でさらに低所得な状況から抜け出すために奮闘されております。独自の目線があり、考え方など参考になります。

 

↓紹介されていたサイト

資産配分ツールわたしのインデックス」(無料)

 

操作方法も難しくなく、自分の好きなようにポートフォリオをいじっていたら、新興国債券を加えた方がリスクとリターンのバランスが良いということに気付いたんですよね。

 

 

スポンサーリンク


これが、私が決めたポートフォリオ。

 

先進国株で利益を求め、新興国(エマージング)債券や日本株でバランスを取る。そして、日本債券を入れることで激しい値動きを柔らかく。といったイメージ。

 

このポートフォリオで、平均リターンは驚異の8.3% リスクは12.8% !!

 

これが、株を多めにするとリスクが高くなり、逆に新興国以外の債券を多めにするとリターンが減るという状況。とりあえず、これがバランスがいい。

無題

 

で、これが↓ 自分で決めたポートフォリオのリスクとリターンのバランスを表した図。

(ちょうど真ん中あたりに、私のポートフォリオってあるでしょ)

 

リスクとリターン

 

 

過去最高の効率的なアセットアロケーション

 

これが↓ 4つの資産クラスによる「投資機会集合」を示します。

 

赤い星印が私の運用資産の位置を示しています。

 

これが青い点の集合の上辺(効率的フロンティア曲線)に近いほど、より効率的なアセットアロケーションといえるんですが、かなり曲線に近接しています。

 

実際問題、効率的フロンティア曲線に近づけることって難しいんですよ~。

 

みなさんのポートフォリオが、どのくらい効率的フロンティア曲線に近づいているか確認してみてはどうでしょう。

 

効率的フロンティア曲線

 

過去のデータより運用実績がわかります。

 

最後にコレ↓。 20年前に100万円を投資したら、いくらになったのか?を見ることができる図。

 

私のポートフォリオの場合(一番右の鼠色)、20年間運用したら100万円が495万円になっていたみたいです。

 

ちなみに、一番成績が良かったのは、ただ単に新興国(エマージング)債券に投資したものでした。(100万円→860万)

 

 

いくらになった [adsense]

まとめ

株だけに偏ったらリターンが高いけど、リスクも高くなるよとは良く習います。

 

そして、国内債券はリターンは低いけどリスクも低いですよ。とも習います。

 

しかし、過去のデータを見ると新興国(エマージング)債券はリターンは高いし、リスクも低い。

 

ーと思いませんか?でも、そんなこと誰も教えてくれなかったよね。おそらく、新興国債券に投資するETFが無かったから気付かれなかったのでしょうか。

 

とりあえず、私は今回紹介したポートフォリオでしばらく続けたいと思っています。

 

今までのデータでは良かったけど、今後もこのまま良いという訳でもないので、臨機応変に対応してまいります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です