ポイントは固定費の削減!新社会人は毎月いくら貯金すれば良いの?

スポンサーリンク

こんばんは。

4月の初めは新しいスーツを来た若者を多く見ますよね。

新年度になり、そろそろ新生活にも慣れてきたことでしょうか?

私にも社会人1年目というのがありましたが、もう8年前の話ですね。今思えばあっという間というのが正直なところです。

さて、新社会人。

これからあなたの人生を良くするも悪くするも、あなた次第です。

仕事の仕方や人付き合いなどは仕事をすることで身につくことでしょう。

 

問題はお金のことです。

仕事と違って、お金の話は身近な人同士で話したりしません。なので、自分で情報を取りに行く必要があるんです。

積極的に情報を取りに行った人と何も考えなかった人は、10年後、20年後に大きく人生が違ってくるでしょうね。

 

スポンサーリンク


新社会人は毎月いくら貯金すれば良いか?

色々調べて見ると、手取り給料の◯◯%は貯金に回しましょうと出て来ますが、これにとらわれる必要はないです。

結論から言うと、目標は1円でも多く貯金すること!

一つ一つ支出を精査して、1円にこだわった節約をして行くことが大切です。

節約のポイントとして、一番効果のあることは固定費を圧縮することだと思いますね。

①家賃

新社会人であればすでにアパートを借りたところなので、今更言われても感があると思いますが、家賃をはじめとする固定費は良くも悪くも一度決めたらずっとそのままになるのでこだわりたい部類です。

新社会人になったから、少し背伸びして良いところに住みたいなという気持ちは十分に分かります。

わかるんです!十分に!

だけど、とりあえず安いところにしときましょう。

私だったら手取りの2割は超えないように探しますかね。

だいたい新入社員の手取り収入は16万円から20万円ぐらいでしょうから、32,000円〜40,000円に抑えたいですね。

金額を見ると都会でこの値段でアパートを借りるのは難しいですよね。

田舎だったら可能な金額です。

 

②生命保険

保険会社のおばちゃん?お姉さん?が積極的に営業をすると思いますが、とりあえずはいならなくて良いです。

今死んであなたの収入がなくなっても困る人いませんよね?

最低でも結婚してからで良いでしょう。私は結婚しても生命保険に入らないと思いますが。。。

生命保険に入らなくても良いように資産を積み上げますかね。

 

医療保険も必要ないかな。がん保険くらいは考えるけど。

日本の公的保険制度は良くできていて、高額医療費制度があるので必要な金額の上限が決まっているし、入院が必要になった間の収入は傷病手当とかもありますから、そこまで心配する必要ないと思いますよ。

保険料を払うぶんを貯金に回しましょう。

 

③携帯代

未だにドコモ、au、ソフトバンクみたいな有名キャリアを使ってないでしょうね。

かなり必要ない!

格安スマホにしときましょう。全然問題ないっすよ。

私は毎月2,000円以下の支払いです。

有名キャリアの人は毎月10,000円ぐらい使っているだろうから、そこで毎月8,000円の差が出るよね。

1年間では96,000円。10年間で960,000円です。

この差は大きすぎるので、是非格安スマホを使って欲しい。

というか、使え!!

スポンサーリンク


まとめ

今回紹介した固定費を削減すると貯金できる金額が大幅に増えるので、ぜひ取り組んで欲しいですね。

食費を節約しようとしても限界がありますし、節約しすぎると身体にも影響がありますので、食費以外で調整することを意識して欲しいです。

具体的な節約の仕方は今後記事にしていきたいと思っております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です