毎月の生活費を10万円以下にするためにやっていること

hand-577355_640 (1)

とうとう2015年になりましたね。

 

さて、今年もセミリタイアに向けてコツコツと節約とインデックス投資を行ってまいります。

 

年末に日本株、アメリカ株の大幅下落となり、評価損益が減りましたがインデックス投資をするようになったら全然気にならないですね。

 

というか、新規に投資信託を買って、基準価額を下げられるので買い時が来た~!ってわくわくします。

 

余計な相場予想しても、これからどうなるかは分かりませんので、個人投資家は相場の上昇下落を気にせず、コツコツと投資をしていきましょう。

 

インデックス投資をするようになって、リターンの引き上げに奔走するよりも、毎月1万円でも多く積み立て投資をしよう

 

というのが、私のスタンスになりました。

 

節約して捻出した1万円は、8%で複利運用すれば

 

10年後には「21,589円」

 

20年後には「46,610円」

 

になります。たかが1万円ですが、その価値は2倍や4倍以上になるということなんです。

[adsense]

金額を手動記入する必要なし。コンビニやスーパーで支払った情報も自動反映されるオンライン家計簿、資産管理ツール

できるだけ無駄遣いをしないように、私が利用しているものの中にマネーフォワードというアプリがあります。

 

このアプリは、銀行、クレジットカード、証券会社、年金、ポイント、マイルなどの情報を 一度登録するだけで、残高や支出の情報を自動で取り込み分析してくれます。

マネーフォワード1

 

①銀行から引き落とされたり、振り込みしたお金

②公共料金

③コンビニやスーパーで支払った金額

④ポイントやマイルの付与

⑤証券会社の時価評価額

⑥クレジットカードの引き落とし額

 

これらの情報をアプリの家計簿に自動集約してくれます。

 

マネーフォワード2

 

毎月の収支、年間の収支を自動的にグラフ化してくれます。

 

見える化することで、何年後にいくらの資産があるのか、セミリタイアはいつできるのかをイメージすることができます。

マネーフォワード3

 

いつでも、どこでも、簡単にお金を管理できるようになるのがポイントですね。

 

私は、週に5,000円を食費の予算としていますので、スーパーに行く前に、今週はあといくら使えるかスマホで確認したりしています。

 

そうすることで、むやみにスーパーやコンビニで無駄遣いしなくなります。

 

無料で損することはないので、是非使ってみてください。

 

では!

【公式サイト】

資産管理ツールのマネーフォワード


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です