AmazonのKindle Paperwhiteが良い感じなので紹介したくなっちゃった!

スポンサーリンク

Kindle、電子書籍リーダー、Wi-Fi、ホワイト

Amazonの電子書籍リーダーKindle Paperwhiteを購入してみました。

結論から言うと、かなりいい。

今までも、基本的にAmazonで本を買ってたけど、現物が届くまでに時間がかかるよね。

そんなに待たされると言うことはないんだけど、Kindleの場合はダウンロードすればすぐに読めると言うのがいいと思う。

欲しい情報がすぐに手に入ると言うのはものすごいアドバンテージになるし。

手に入れるハードルが下がったことによって、本をバンバン買ってしまっている。笑

 

スポンサーリンク


Kindle Paperwhite 8個の良い点

Amazonで販売されている電子書籍リーダーには複数の種類があって、その中でも一番バランスが良いなと思った「Kindle Paperwhite」を購入してみました。

色はブラックとホワイトがありますのでお好きな色をどうぞ。

ディスプレイが綺麗

前の世代機のピクセル数と比べて3倍になったそうです。

300ppiの高解像度で表示される文字はやっぱり綺麗に映ります。

字の印象も印刷物のようにくっきりしていて美しいと感じました。

明るい日差しの中でも反射しない

マットなe-inkスクリーンを採用。

タブレットやスマートフォンのスクリーンと違って、明るい日差しの中でもまぶしい光の反射はなく、本物の紙のような読み心地。

「マットなe-inkスクリーン」ってなんのこと?と思ったんですけど、実物を触ってみてわかりました。

ディスプレイがザラザラしているんです。

なんかザラザラと表現するとネガティブかもしれませんが、本当に紙に質感に近くて不思議なんです。

片手で快適な読書

かなり本体が軽いです。

一般的な紙の本より軽いそうで、長時間の読書を片手で快適に楽しめます。

あと、寝転びながら読むときに普通の本だったら腕が疲れるけど、Kindleにしてかなり軽減された。

数週間の長時間バッテリー

これについてはマジ最強。

一度充電すれば、最大6週間(*)読書ができるとのことです。実際に測ったことはないけど、基本、充電しないよね。

バッテリーのマークが残り1個になったら、充電しないと悪いなと言う罪悪感でやってる感じ。

おそらくマークが1個の状態で1週間ぐらい持ちそうだけどね。

 

*明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合

就寝前の読書にも

目が疲れないのは、フロントライトを搭載されているかららしい。

タブレットとかスマホとかはバックライトといって目に向けて光を当てるので目が疲れるみたいです。

Kindle Paperwhiteはディスプレイの表面を照らしているだけなので、目が疲れにくく快適に感じました。

明るさも調整できるので、おやすみ前の読書にも良いですね。

通勤・通学中も快適な読書

・薄さ9.1mm

・重さ205g

・数千冊保存できるストレージ

この薄さと重さはGOOD!

片手でも疲れにくいし、好きな本を何冊も持ち運べるから、通勤・通学中の読書にも便利。

ちなみになんですが、単行本を閉じた時の大きさぐらいです。

普通の人はストレージを使いきれないでしょうね。毎日1冊の本を買っても数年間はストレージを満杯にすることはできないのでは?

一般家庭から本棚というものがなくなるかもね。

読書だけに集中できる

何気にこれって大事じゃないですか?

読書に特化しているKindle Paperwhiteは、ラインとかフェイスブックとかその他アプリのプッシュ通知がないので、気が散ることなく、集中して読書を楽しむことができます。

実は、Kindle Paperwhiteを買う前はスマホで読書をしてたけど、プッシュ通知がめんどくさい。

通知がなったら、その内容を見ないと気が済まないタイプなので気が散るんですよね〜。

数千冊保存できるストレージ

もう本棚のスペースを気にする必要はないよね。

一般的な書籍のKindle本であれば本体に数千冊、クラウドには容量無制限で好きなだけ保存できます。

本棚ってなくなっていくんやろうな〜。部屋のスペースが空くから良いよね☆

 

スポンサーリンク


実物の本を買うより安くてお買い得

Kindleストアでは最新のベストセラーやコミックなど、品揃えが豊富!

しかも、実物の本より10%ぐらい安い値段で購入できるし、定期的に期間限定で大幅値下げをしているから、これも嬉しいよね。

定額で読み放題のサービスもある

Kindle Unlimitedというサービスがあって、980円で豊富な本、コミック、雑誌および洋書が読み放題。

全ての本を読める訳ではないけど、月に1冊ぐらい本とかコミック、雑誌を読む人は加入してても損はないかと思う。

読みたいなと思った本が、結構無料でダウンロードできることがありました。

気軽に色んな本を楽しめるから、好きな本を楽しむだけでなく、新しいジャンルや新しい著者との出会いも楽しめますよ。

 

まとめ

Kindle Paperwhiteを買ったことによって色々な本を買うようになりました。

定額のサービスに入れば、ちょっと気になるぐらいの本でも気兼ねなく無料でダウンロードできるので自分の知識の幅が広がってます。

今度は、実際に買った本の紹介でもしてみようかな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です