三井住友TAM-SMTシリーズの積み立て止めて、<購入・換金手数料なし> ニッセイシリーズを積み立ててまいります。

スポンサーリンク

change-20272_640

今更って感じですが、ツイッタ―で私がフォローしている方というのは、インデックス投資家の方が多いんです。

 

それで、ツイッタ―を見ていると、1月9日は「投信ブロガ―が選ぶ!Fund of the Year 2014」の結果発表が盛り上がっておりました。

投信ブロガ―

私は直接かかわっておらず静観しておりましたが、このイベントは、投信ブロガ―たちが支持する投資信託を選ぶというものらしいです。

 

巷にはファンドのランキングが多くありますが、その中でも証券会社などの人気ランキングを見ると、毎月分配型投資信託が人気となっていますよね。

 

毎月分配型の投資信託は、一見魅力的に見えますが、私の場合はノータッチでございます。

 

というのも、販売手数料や信託報酬などのコストが高いので、リターンを引き下げる要因となってしまい、うまみがないように感じちゃうんです。

 

世の中のランキングに反して、投資家ブロガ―による人気投票では、信託報酬が低いインデックスファンドが上位になっておりますね。

 

やっぱり、インデックス投資はコストの削減が重要なんだ!という意思が反映されたと言ってよいでしょう。(何様やっ!)

[adsense]

今回、一位となったファンドは【<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド】です。

 

 

実は、今まで私はノーマークでした。

 

ちなみに私は、【三井住友TAM-SMT】シリーズの国内株式、国内債券、先進国株式、新興国債券のインデックスファンドを積み立てています。

 

これらの信託報酬も安いですが、2月の積み立てから先進国株式と国内株式はもっと信託報酬が安い<購入・換金手数料なし>ニッセイシリーズに変えていこうとしております。

 

下に、信託報酬がどのくらい違うか書いておきますので、参考にどうぞ。

 

先進国株式インデックス

旧:三井住友TAM-SMTグローバル株式インデックス・オープン【0.54%】

新:<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド【0.4212%】

 

日本株式インデックス

旧:三井住友TAM-SMT日経225インデックス・オープン【0.3996%】

新:ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド【0.27%】

 

資産管理、家計簿ツールの決定版!マネーフォワード

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です