ついに出た!ASUSのSimフリースマホ「ZenFone2」。MVNOとのセットで買うとキャッシュバックがもらえます。

ついにASUSの公式サイトでZenFone2の国内発売が発表されました。

昨年国内発売されたZenFone5は「ミドルレンジで必要十分な性能、かつ購入しやすい価格設定」で人気となっており、実際私も購入してコストパフォーマンスの良さに満足の一台であることは実感しております。その後継機種となるZenFone2は「ハイエンドなんだけどコストパフォーマンスにも優れた価格設定」をしている。MVNOが大いに賑わっているいる昨今、今年の「MVNO向けSIMフリースマホを代表する1台」となるのではないでしょうか。

 

 参考 ASUSのSimフリースマホ「ZenFone(ゼンフォン) 5」をヤマダ電機で買いました。大画面でサクサク動く格安スマホに満足です。

 

スマートフォンでは世界初となる大容量の4GBメモリと、スマートフォンでは日本初となる、インテルCPUを搭載。一度に複数のアプリを開いて、マルチタスクをしても、圧倒的なスピードが体感できます。RAMは2GBと4GB(ASUSによるとRAM4GBは世界初)のモデルがあり、4GB版はROMが32GBと64GBの2種類、2GB版はROMが32GBの1種類となる。最も安いRAM2GB・ROM32GBモデルは予想実売価格が35800円、最も高いRAM4GB・ROM64GBは50800円となる(いずれも税別価格)。

 

スポンサーリンク


ZenFone 2のスペックはこちら。

ゼンフォン2 スペック2

サイズは、ZenFone 5より多少大きなサイズになっています。ZenFone 5が5インチ、ZenFone 2が5.5インチとなりますが、画面が大きくなった割には端末自体はそれほど大きくなっていません。それは、ベゼルが狭くなって画面占有率が上がったことによります!

ZenFoneは対応周波数が多いことが良いところだと思います。ZenFone 2ではLTEが700MHz(B28)にも対応しております。700MHzは2015年からドコモとauで運用予定となっています。国内販売していて、700MHzに対応しているSIMフリー端末は、ZenFone 2が初ではないでしょうか。

メモリは2GB/4GB、Full HD、カメラも1,300万画素なので、文句なしの端末ではないでしょうか。Xperiaのフラッグシップ機などではカメラが2,000万画素の場合が多いですが、1,300万画素でも特に問題ないでしょう。

バッテリーも3,000mAhと大容量です。Xperia Z3は3,100mAhなので殆ど変わりません。本当にハイスペック端末ですが、価格はXperia Z3と比べ物にならないほど安いです。おそらく、コストパフォーマンスでナンバー1ではないでしょうか。

 

Amazonでも取扱いを開始しております。

 

数多くのドコモMVNOでセット販売されたZenFone5でしたが、ZenFone2も多くの事業者で取り扱うみたいです。
[adsense]

スポンサーリンク


ZenFone2には「格安で、安定のiijmio」を使いませんか?

 

おススメ① スピードが速い

MVNOが乱立しておりますが、通信にも安かろう悪かろうというものがあります。

容量無制限とプランを打ち立てて契約数を増やしたものの、通信速度が激遅で話にならない。っていう業者もあります。

 

なので、プランだけを見るのではなく、実際に使っている人の感想を参考にすることを激烈におススメします。

ちなみに、IIJmioは大丈夫。

MVNO最強のIIJmioが4月からさらに増量。スピードが速い、高速と低速を切り替えられる。さらに、使い切れなかったら翌月に繰り越せる。

 

おススメ② 高速と低速を切り替えられる

この機能がすばらしい。本当にいいですよ。

私のスマホ使用状況っていうのは、ヤフーのサイトでニュースやメールのチェックしたり、ツイッタ―したりがほとんどです。

実際問題、これらの使用では高速通信は必要ありません。

低速通信でも、十分にサクサクと動きます。なので、普段はクーポンをオフにして使用しております。

クーポンをオフにすることで、1ヵ月の通信容量は減りません。

 

ただ、ユーチューブなどを見るときは、見れないことはないけど人によってはストレスに感じると思いますので、クーポンをオンにして高速通信をしております。

つまりは、動画をガンガン見ない人にとっては、そんなに多くの通信容量は必要ないのです。

iPhone6・最新のiOSにも対応/IIJmio格安SIM

 

話題の格安SIM。シミュレーションで節約料金をチェック/IIJmio

 

業界最安値のDMM.comはiijmioのシステムを使っているので安定感も抜群

MVNOは1GBあたりの価格で比較されることがありますが、数あるMVNOの中でも最安値を更新しているのが『DMM.com』

実は、たくさんのMVNOがありますが、これにも安かろう、悪かろうというのがあります。LTE回線を使えると謳っていても、実際に使ってみるとLTE回線は使っているのであろうが、速度が全然でないというのはよく聞く話なんです。

ただ、このDMM.comはiijmioの回線を使用しておりますので、とっても安定しております。私もiijmioを使用しているのですが、田舎でもつながりが良く、最安値でネットをしたいというのであれば、おススメなMVNOです。

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!

 

[adsense]

 

NifMoならZenFon2とMVNOをセット購入で、キャッシュバック

「ZenFone(ゼンフォン) 2」を検索してこのブログに来られる方がとても多い状況で、多くの方がいかに注目しているかが分かります。

そんな注目度が高い「ZenFone(ゼンフォン) 2」をお得に購入するキャンペーンがありましたので、ご紹介したいと思います。

 

Simフリースマホということで、MVNOに参入している会社がSimとセットで格安スマホを購入できるキャンペーンがありましたが、そのセットとなるスマホがイマイチだったりします。

しかし、見つけました。

ASUSのSimフリースマホ「ZenFone(ゼンフォン) 2」とセットで購入できるMVNO。

 

しかも10,000円のキャッシュバック付き。

ニフティのMVNOは、NTTドコモが提供するLTEサービス「Xi(クロッシィ)」エリア、およびFOMAエリアに対応しております。
下り最大150Mbps の高速LTE通信で動画もサクサクに見れるし、全国の幅広いエリアで使える。山間部などでも比較的繋がりやすい。

また、NifMo利用者なら、追加料金なしで公衆Wi-Fiサービス(BBモバイルポイント)がご利用できます。
サービス提供エリアに入るだけで専用アプリが自動接続。

カフェやレストランなど屋外施設で、データ通信量を気にせずにインターネットをお楽しみいただけます。

@niftyから得するスマホ「NifMo」新登場!

<PR>


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です