【料金の内訳を公開】5年目の車検費用が8万4000円も安くできた理由。

どうも朝倉(@asakura_43unyou)です。写真は、アウディの「R8 5.2 quattro」 2180万円です。

セミリタイアするために貯めた資金を全部突っ込めば買えますね。

そんなバカなことしませんが・・・。

 

でも、500万円ぐらいで買えるアウディのA4やら、A6ぐらいであれば乗れるようになりたいです。

 

さて、今回は車検のお話です。

 

新車登録して5年目となりましたので、ディーラーとオートバックスに車検の見積もりに行ってきました。車はエコカーとして人気があり、売れ筋のホンダ フィットでございます。

 

結論から言うと、

 

ディーラーの見積もり額「16万円

オートバックスの見積もり額「7万6000円

 

オートバックスの圧勝です!!!!!

 

同じ車を、車検に出すのに、【8万4000円】も安いのは何故でしょうか?

その内訳を検証してまいりますので、みなさんのご参考になればと思います。

スポンサーリンク


車検には法定費用と非法定費用があり、法定費用は安くなりません。

下の図は、トヨタのホームページから引用したものなんですが、ディーラーやガソリンスタンド、車検専門店など、どこのお店で車検をしようともこの法定費用部分は削ることはできません。

車検

ちなみに、ホンダフィットの法定費用は

自賠責保険 27,840円

重量税   15,000円

印紙代    1,100円

 

合計   43,940円

 

 

車検の値段がお店によって変わるのは、非法定費用と言われる部分で、「24ヵ月定期点検+検査料+代行手数料」をどのくらいお店が取るかで変わってくるのです。

 

つまり、私の場合 43,940円 + 非法定費用ってことです。

 

ということで、この非法定費用の内訳を中心にディーラーとオートバックスに分けて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


ディーラーの見積もり内駅

【非法定費用の部分】
(↑お店によって変動する費用)

エンジンオイル交換=5178円

エンジンオイルフィルター交換=3230円

ドレンプラグ交換=35円

スチーム洗浄=4860円

下回り錆止め塗装=4860円

発煙筒交換=3020円

リアブレーキ、シリンダーセット交換=25970円

エアコンフィルター交換=5290円

1ヵ月ボディーコート=1720円

トランスミッションオイル交換=18300円

バッテリー交換=9252円

 

検査料金=34550円

※次回車検までのオイル交換代、検査代を含む

 

非法定費用の合計=116,265円

 

オートバックスの見積もり内訳

【非法定費用の部分】
(↑お店によって変動する費用)

下回り錆止め塗装=5400円

発煙筒=1166円

リアブレーキ、シリンダーセット交換=11490円

 

検査料金=14300円

 

非法定費用の合計=32,356円

 

車検費用内訳を見ての感想

ディーラーの非法定費用の合計=116,265円

オートバックスの非法定費用の合計=32,356円

 

※緑色の部分は共通して交換しなければならない部分。

 

この内訳内容を見ても分かるように、オートバックスは車検に通るために必要な部品交換を行っているため、安く済んでいます。

 

しかし、ディーラーは今は必要のない部品の交換やサービスの付加をしているのが分かりますね。

 

ディーラーは、次回の車検まで安全に乗れるように部品交換をしていくので、部品の交換点数が多くなるのは仕方がないのですが、今交換しなくても良いものまで交換するので勿体無いんですよね。

人気が高いHONDA フィットの年間維持費を計算してみた【ガソリン代/自動車保険/自動車税/車検代】

車を所有していたら2年、あるいは3年に一度は必ず車検が必要です。

それだけではなく、オイル交換も定期的に実施しないといけないので車を所有すると何かとお金がかかります。

毎年どのくらいの維持費が必要なのかを計算していますので、車を買いたい!買い替えたい!という方の参考になると思います。

人気が高いHONDA フィットの年間維持費を計算してみた【ガソリン代/自動車保険/自動車税/車検代】

2015.05.20

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です