休日なんで、じっくりと人生設計(ライフプラン)を考えてみませんか?読んで納得な投資本のご紹介。

長期の休みとなりました。

この休みの期間を利用して、モデルルームの内覧会に行ったり、旅行に行ったりする人もたくさんいるでしょう。

人生はイベントだらけで、いかに楽しむかが人生の豊かさに繋がるはずです。

その一方で、多くのイベントを乗り越えていくためにはお金との付き合い方を考える必要があります。その中でも、お金を運用することはとっても重要なことです。

 

スポンサーリンク


一番大切なことは、これ!

まずはじめに、

投資の話で、元本保証の投資方法、年率数十%の投資方法など広告を見ることがありますが、こんな投資は馬鹿げています。

 

絶対に引っかからないでください。

 

リターンを得るためには、必ずリスクも摂らないとダメなんです。

ここでいうリスクは、おそらくあなたの思っているリスクとは違うのではないでしょうか。

投資における「リスク」は、私たちが日常で使うリスク(=危険なこと)とは少し意味が違います。

 

投資における「リスク」とは、リターンの変動(ブレ)のことを表し、リターンの変動幅が小さいことを「リスクが低い」、変動幅が大きいことを「リスクが高い」と呼びます。

 

 

スポンサーリンク


ステップ1 投資とはこんなものだ!というのが分かる本。

「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」は、インデックス投資界でめちゃくちゃ有名な山崎さんと水瀬ケンイチさんの共著です。

インデックス投資がどんなものかが分かるので最初に読んでおきたい本です。

 

「しぶとい分散投資術」は田村さんが書かれています。この本をおススメしているブロガ―は見かけませんが、個人的には是非読んでいただきたい本です。

この2冊は、絶対に外せません。

 

ステップ2 確定拠出年金とNISAのことならこの3冊

確定拠出年金やNISAは、投資にかかる税金が控除される仕組みです。

この記事の「ステップ1」の本を読んで投資について知識が付いたら、是非以下の本を読んでください。

特に、「年利15%でふやす資産運用術」は、めちゃくちゃ有名で、確定拠出年金の優位性を広めた本です。

竹川さんの本は、分かりやすいのでこの本以外にも興味があれば読んでみたらどうでしょう。

本屋さんに行くと、多くの投資本が並んでいますが派手な雑誌タイプが目立っています。ただ、こういったたぐいの本はダメなやつです。

あとがき

私の投資歴は10年を迎えましたが、今回紹介した本を読んでいれば投資のイロハを知ることができると感じました。

正直言うと、投資を始めて数年間は独学でいろいろやっていました。自分なりの経験や投資方法を確立していきましたが、あいまいでデータに基づかない自分のカンを整理してまとめてくれているのが今回紹介した本なんです。

これらの本は、データに基づく解説をしていますので投資初心者の人にも受け入れやすいものだと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です