たった3つだけ。一人暮らしのガス代を30%以上節約した方法。

pot-655268_640

家計の見直しをする際に、優先順位が高いカテゴリーは固定費であります。

家賃、通信費、保険、など毎月定額で支払っているものを削減することは心理的に楽で長続きすると思います。

そのつぎの家計の見直しは、光熱費や食費などになります。

 

今回の記事では、光熱費の中で一番支払う金額が高いであろうガス代について節約方法を報告したいと思います。

特にガス代で大きな割合をしめているのはお風呂!

大量のお湯を使用しますので金額が大きくなるのですが、節約出来る余地がたくさんあります。お風呂での節約をしっかり行う事が大きく節約出来るかのポイントです。しっかり理解して習慣化してしまいましょう。

[adsense]

 

スポンサーリンク


ガス代を節約できている 過去データ

まず最初に、2014年と2015年のガス代の比較です。節約をするために対策をしているのですが、順調に前年比で削減できているのが分かると思います。1月から4月までの削減率は平均28%です。最小で20%、最大で37.2%の削減を達成しております。

 

 

ガス代 4月

 

この節約を実現している3つの工夫を紹介しますので、マネできることはマネしてください。

 

スポンサーリンク


その①温度設定を最適化

おそらくほとんどの人がガス代が一番かかっているのはお風呂であり、お湯を出している時間をいかに短くするかに節約がかかっています。

そして給湯器の設定温度が高い方がガス代がかかります。みなさんは、お湯を沸かす時は何℃にしますか?

多くの人にとって、お湯の温度は40℃ぐらいが最適だと思いますが、たまに給湯器の設定温度を50℃にして水で薄める感じで40℃程度にするような人がいます。

これによって、お湯を使う量は若干減るとは思いますが、最適温度から10℃高くお湯を沸かすことはとってもガス代がかかってしまうんですね。

意外とこういったことに気づかずに毎日シャワーを使う人がいると思うので、もう一回自分は無駄にお湯を沸かしていないかをご確認してください。

[adsense]

 

その②節水用シャワーヘッドを使用

節水用のシャワーヘッドといえば、その名の通り節水をするときに役立つアイテムですが、お風呂で節水をすることはガス代を節約することに直結しますので一石二鳥なんです。

さて、節水用のシャワーヘッドはいろいろありますが、今使用しているシャワーホースに着け返れるかどうか確認してください。シャワーヘッドを購入する前に、自分の家に付いているシャワーヘッドのメーカーを確認しておきましょう。私は、シャワーヘッドにもメーカーがあって、互換性を考えなければならないのかと驚きました。

メーカー別に合うものを販売しているものもありますが、私はどのシャワーヘッドにも合うようにアダプターが着いているものを購入しました。

また、シャワーヘッドにワンプッシュでお湯を止める機能がついているものがあります。無駄にお湯を流しっぱなしにしない。でも、一回いっかい蛇口をひねってお湯を止めるのは面倒と思う人にはとってもおススメです。

 

その③タイマーをつかって時間を制限する。

節約のコツは、シャワーを出す時間を決めることです。それも10分まで、出来れば5分までとか短めにします。

10分しか使ってはいけないと思えば、その時間で済ませようと考えるものです。10分は結構簡単かもしれません。5分もそこまで難しくはないです。

 

一回、自分のお風呂を満タンにするのに何分ぐらいかかるか調べてみましょう。だいたい15分ぐらいかかると思いますので、毎日お風呂の替わりにシャワーを15分以内で終わるようにすれば、今までよりも節水できたと考えていいでしょう。

私の場合は、シャワーを使う時間は10分としていますが、さてどうやって10分と判断していると思いますか。

実は、タイマーを使用しているんです。それも、防水用のタイマーです。カウントダウンしていくので、シャワーを使う時間を意識できるのでとってもいいなと思います。

防水用のタイマーって、なかなか売ってはいないんですよね。おそらく、近くのホームセンターとかには売っていないことがあるので、ネットでご購入することをおススメします。

私が使っているのはTRUSCOの防水タイマーですが、ネットで探すとかわいいタイマーやいろんな種類がありますね。

 

プロパンガスは公共料金ではない。

最後に、ガスの種類には都市ガスとプロパンガスがあることをみなさん御存じだと思います。

しかし、実は都市ガスは公共料金なんですが、プロパンガスは公共料金ではないことまで知っている人はなかなかいません。私の周りにもこれを知っている人はいませんでした。

プロパンガスは供給会社が独自の価格を設定できるので、割高なんですよね。一般的に都市ガスに比べて1.5倍ぐらいの価格みたいです。

なので、ガス代を節約したいと思ったら都市ガスが利用できる地区で暮らすことが一番なんですが、そんなのなかなかできません。私も今度引越しする時は都市ガスが利用できる地区に引っ越すように考えています。

それまではプロパンガスを使用しなければならないのですが、このプロパンガスの利用料金(単価)を下げてくれる業者があるようです。個人で利用しているプロパンガス会社に価格の交渉をするのはできませんが、こういった第三者に頼んで単価を引き下げることが可能らしいです。しかも、手数料を請求されることはなく、今よりも安い業者を紹介した際に、その業者から謝礼をもらう仕組みのようです。

あなたは、結構ぼったくられているかもしれませんよ。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です