中年フリーターの増加というニュースが、「セミリタイアする人が増加」に聞こえてしまう。

rock-climbing-403478_640

ヤフーニュースより中年フリーターの数が増加しているという記事が載っていました。

日本の非正規雇用労働者の数は、1990年代前半のバブル崩壊後に経済が長期停滞した「失われた20年」の間に右肩上がりに増加し、その数は2015年1~3月期平均で1979万人と、労働者全体の37.7%に達している。ここ数年は景気が比較的安定し採用環境も改善していることなどから、34歳までのいわゆる「若年フリーター」はピークの03年からは減少している。だが、90年代後半からの「就職氷河期」に直撃された世代を含む35歳以上の「中年フリーター」については増加に歯止めがかかっていない。
ヤフーニュースより
<中年フリーター>氷河期の非正社員ら、歯止めかからず273万人に

[adsense]

就職氷河期時代に正社員になれなかった人が、そのままスライドしたといった状況です。

日本の就職って怖いですよね。新卒一括採用で正社員になった人は、「正」社員。それ以外は「非正」社員なんです。

これって、転職する時にも影響があって、正社員だった人は転職先でも正社員で雇用されるけど、非正社員は転職先でも非正社員なんです。

 

この新卒でどのような雇用形態だったかで、人生のほとんどが決まってしまい、生涯賃金も大幅な差が発生するということで、いかに新卒での就職活動が大切かが分かります。

 

私はリーマンショック直後に就職活動をする年代なんですが、なんとか正社員として就職できました。ただ、会社に入ってしまうと正社員のメリットをさほど感じません。

社畜となって、会社のために夜遅くまで働く。プライベートも犠牲にしてがんばっていても自分を守ってくれる訳ではないし、そもそも会社が潰れる可能性だってある。こんなんじゃ正社員になることが良いことだとは感じませんよね。

[adsense]

うちの会社には派遣従業員が多く、中年の方もいます。

世間的には派遣従業員は負け組みみたいな風潮がありますが、自分が好きな時に働いて、適度に休みをとるといったライフスタイルには憧れますし、私にとって勝ち組なんです。

会社では、たくさんの派遣従業員に指導したり教育したりしていますが、心の中では「派遣さんのほうが勝ち組だよな~」と思ってしまいます。

特に40代や50代で派遣従業員をしている人の中には資産があって、セミリタイアしている人もいるんだと思います。

 

私も、40代のうちにセミリタイアできるような資産を気付きたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です