歯と歯の間に詰まった食べ物カスが面白いほど取れる『パナソニックの電動歯ブラシ(ドルツ)』はおススメです。

久しぶりにお買い物をしました。

毎月、お給料から捻出した金額を投資に回しているので、できるだけお金を使いたくない気持ちでいっぱいでしたが今回はしょうがなしで買いました。

今回購入したものは電動歯ブラシの替えブラシです。

芸能人は歯が命!

とは言いますが、一般人でも歯はとっても大切です。虫歯がないと見た目的にも綺麗ですし、おいしく食事ができるし、ふんばりも効くので力が入ります。

あと、虫歯を治療する費用って結構バカになりませんよね。以前虫歯になった時は1万円以上の医療費が掛かったことがあります。

 

そんなこんなで虫歯予防には気を使っている私ですが、3年ほど前から電動歯ブラシ(パナソニック ドルツ)を使用するようになりましたので、その使用感をご報告いたします。

 

スポンサーリンク


最近の子は虫歯が少ないって知ってました?

比較的私自身は虫歯が少ないのですが子供のころの話、周りの子達は5本以上の虫歯がある人も珍しくなかったです。

しかし、最近の発表によると中学1年生の虫歯の本数は1人平均1本で、30年前の約5分の1に減少した。というニュースがありました。

こうやってデータとして見ると、ものすごい改善率だと思いますよね。

虫歯が減った要因として、キシリトールが流行ったり、電動歯ブラシができたりと虫歯予防が進んできたからだと思うんです。

 

 中学1年の虫歯本数は1人平均1本で、30年前の約5分の1となったことが23日、文部科学省の2014年度学校保健統計調査(速報値)で分かった。治療が済んでいない未処置歯がある割合も、幼小中高生の全ての段階で過去最低。同省は「歯磨き指導の成果で、早期治療や予防の意識が高まった」と分析している。(時事通信)

中1の虫歯平均1本に=指導効果、早期治療進む―福島の肥満傾向続く・学校保健統計

 

スポンサーリンク


虫歯を予防するなら電動歯ブラシをおススメします。

虫歯を予防するのに一番大切なことは、やっぱり歯磨きと思うんです。

食事の後に1回あたり3分間の歯磨きをしましょうと小学生のころなどに教えられた気がするのですが、正直3分間歯磨きをするのって疲れません?

あと、手磨きによる歯垢除去って人によって精度が違うので、うまく歯垢が取れていないひともいますよね。歯に赤いのを塗って、「歯磨きができてないですね~」って言われることも多数。

 

そんなこんなで、ちゃんと歯磨きがしたいと思い始めたのが数年前。いわゆる手磨きでは、歯垢を除去する自信がないと思い、電動歯ブラシを購入するに至りました。

私が買った電動歯ブラシは、パナソニックのドルツってやつです。

音波振動で歯と歯に挟まった食べ物カスを除去してくれるし、イオンが発生して口腔内の菌を殺してくれるそうです。

 

さて、実際に使ってみての感想です。

歯医者さんで、歯が磨けているかの赤い液をつけて汚れを視認化してみました。

普段の手磨きと比べて歯垢を落とすのが難しいところも簡単に驚くほどきれいに磨けていました。

・歯と歯の間

・歯ぐきの境目

・咬み合わせの面の溝

・奥歯や歯の裏側など

手磨きではどれだけ頑張っても歯垢を落としきるのは難しいですが、パナソニックのドルツはかなりきれいに磨けました。

 

パナソニックのドルツを選んだ理由

電動歯ブラシと言えば、ブラウンやフィリップスなどのメーカーもありますが、私はパナソニックのドルツを選びました。

その理由は以下の通りです。

①ブラシのヘッドが小さいので奥歯を磨くのが簡単だと思った。

②日本製

③ブラシの種類やそれ以外のブラシもある。

あと、購入して気がついたことですが、バッテリーが優秀です。

個人差があるとは思いますが、私の場合では1回充電すると、1週間ぐらいは使えます。

やっぱり電池やバッテリーの技術評価が高いパナソニックなので、こういったところにも良い技術が使われているんだろうなと思います。

そして、もう一つ。

電動歯ブラシ本体とは別に、簡単にブラシ部分は取り換えができるようになっています。この替えブラシには付属のパッキン?みたいなものがあって、色で自分のブラシかどうか判別できます。

なので、家族で一本電動歯ブラシを購入すれば、ブラシを交換すれば家族で使い回しできるんです。

子供が正しく歯磨きできてるか心配な人へ

歯磨きって単純な作業だけどきちんとするのって意外に難しいものです。

大人の私ですらそう思うんですから、子供は全然歯磨きができていないはずです。

寝る前に、「歯を磨いてらっしゃ~い」と言って行かせるのは良いのですが、そのあとにちゃんと確認してあげたいものです。

 

小学生のころ、歯磨きの受業で歯垢が残っている場所が赤く染まる液体って覚えていますか?あれって結構役に立つもので、いくら親が歯を磨きなさいと言っても、ちゃちゃっと終わらせる子供には汚れている様子を見せるのが良いですよね。

親にとっては歯をちゃんと磨くという意味で言っても、子供にとっては歯を磨いたという事実にはかわりませんから、何がいけないのか理解していないと思うんです。

そんなときに、「百聞は一見に如かず」ってやつです。

磨いてきたと言う子供対して、歯垢が赤く染まる液体を塗って磨けていない箇所を見せるのをおススメします。

実は、この赤く染まる液体って医療用のかと思っていたんですが、家庭用の商品も売られているんですよね。

いろいろ探しましたが、『こどもハミガキ上手 いちご味・お徳用』っていうものが良いかなと思います。

身体に悪くない成分を使っているので親も安心ですし、いちごの味がついているので子供も喜びます。

これは赤く着色した歯垢をチェックしながら、みがき残さずハミガキできる液体はみがきなんですが、磨き終わった後の歯に塗ってあげて、磨き残しが無いかのチェックをすることもできます。(ちゃんと磨けていれば色はつかない)

また、ちゃんと磨けているか?を確認する際に歯の表面(おもてめん)ばっかりを見てしまいがちですが、歯の裏もチェックしてみましょう。

歯と歯の隙間とか磨けてないはずです。

確認する時は、歯医者さんが使っているミラーがついた道具で歯の裏をチェックすると良いですよ。

私はアマゾンで買ってみたんですけど、ステンレス製なのに結構安いことに驚きました。

 

会社や出先で歯磨きをしたいならポケットドルツもあるよ。

自宅で電動歯ブラシを使っていると、会社などでお昼を食べた後の歯磨きも手磨きではなくて電動歯ブラシを使いたいなと言う人は多いと思いはず。

そんな人におススメなのが、ポケットドルツ。

化粧ポーチなどに入る大きさで、電池式なのでどこにでも持って行ける優れモノです。

色も数種類あって選べます。

価格も安いので、お手頃。

女性へのプレゼントとして、このポケットドルツを送ると結構喜ばれますよ。価格も安いので重くないですし、実用的ですし。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です