世界的株安の中、バンガード トータル ワールド ストックETF(VT) を追加購入しました。

graph-163509_640

私的には、先週の株価下落が大きかったのでじりじりと値を下げていくことはあっても急落と言うことはないのかなと思っていましたが、今週に入ってからもすごい下げとなっています。

【過去記事】
世界株安を経験した回数が多いほどリターンが向上するという事実。だから気にするな。

みなさん安心してください。また、値上がりしますよ。

[adsense]

 

スポンサーリンク


チャートを見て売買をしているわけではありません。

タイトルで書いている通り、本日バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)を追加購入しました。

毎月の積立時に、決められたアセットアロケーションになるように調整しながらリスク資産を購入しており、今月も淡々と購入しておりました。

淡々とリスク資産を積み立てていくだけなので、「暇だな~」と思うことは頻繁にありますがこれが良いところなんですよね。

 

今回、世界的な株安に伴い、リスク資産の割合が低くなっていましたので、相対的にノーリスク資産の比率が高まっておりました。

そこで、正しい比率になるようにリバランスをしたということです。

「比率、ひりつ、ヒリツ」と言っている通り、インデックス投資というやり方はチャートを見て売買している訳ではありません。

世界的に株価が下がっているということは、みんなが売りを続いているということです。

そんな中、購入しているというとバカだと思われる人もいるでしょうが、自分がとれるリスク内でアロケーションを整えることがインデックス投資の手法です。

株価を見ていると上下変動が激しく、ドキドキしている投資家や不安になっている人もいるでしょう。

 

レバレッジを掛けていた人なんかは、追証となって追加資金を投入した人もいるのではないでしょうか?

もう、自分の勘で売買をするのをやめましょう。

どうせ市場の平均であるインデックスを超えるパフォーマンスは得られません。

運よく単年でインデックスを超えたとしても、毎年となると無理です。

 

[adsense]

 

スポンサーリンク


VTもだいぶ値下がりしています。

vt 追加

 

実は、私のリスク資産はiシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(HDV) を少し保有していますが、メインは「バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)」です。

 

バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)は、先進国、日本、新興国など世界の株に投資しているETFとなっています。

そのため、世界的に株価が下がっているときには同様に値下がりしていますね。

今後、さらに値下がりしていったら、さらに追加購入をしていこうと思います。

最後に、言います。

チャートで売買をするのではなく、自分が取れるリスクを勘案したアセットアロケーションの比率にするんですよ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です