Braun(ブラウン)シェーバーの替刃が高い理由と安く買う方法

男性の身だしなみとしてひげを剃ることは大切なことではないでしょうか。

世の女性陣も男性の清潔感は大事だと言っておりますので、身だしなみの一環として気にかけておきたいものです。

さて、私は2009年3月に麻生内閣で実施された12,000円の定額給付金でBraun(ブラウン)シェーバーを購入しました。

あれから6年が経過し、替刃を購入しましたのでレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク


シェーバーの替刃を購入する前に知っておきたい3つのこと

ヒゲを剃る方法として、T字シェーバー派と電動シェーバー派に分かれますよね。これって、住居の購入派と賃貸派の議論と同じく永遠のテーマなのかもしれません。

かくいう私もT字シェーバーも使用しておりましたが、今は電動シェーバーを毎日使っております。

T字シェーバーは替刃を10日前後で交換するように推奨されているようで、結構ランニングコストが掛かるなと悩んでいました。

ケチって古い刃を使っていたら皮膚が荒れて炎症をおこす事態になったりと、私には合っていなかったですね。

 

さて、そんなこんなでBraun(ブラウン)の760ccというシェーバーを購入したのですが、購入して6年経つと、ふと「以前より剃れなくなった」と感じることがありました。

見た目では変わったところはないのですが、毎日何百本ものヒゲを切るうちに内刃が鈍くなってしまったのでしょう。

現在売られているほとんどのシェーバーは替刃が交換でき、替刃単体だけで売られております。ただ、電気量販店などでチェックしてみると価格が5,000円以上するものがほとんどで、「これだと新品のシェーバーを買った方が安いのでは?」と思ったりもしました。

シェーバーの替刃を買う前に知っておきたい3つのポイントを紹介しときます。

 

1. ブラウンの替刃が高い理由

ブラウン・ラムダッシュに代表される往復式シェーバーの替刃には内刃と外刃という2種類が存在するため、5000円以上と高めになっています。

外刃は網刃とも呼ばれ、網状の直に肌に触れる部分。内刃はその内側で振動し、外刃と交差することでヒゲをハサミの様に切り落とす仕組みとなっています。

ブラウンの「一体型」の替刃は内刃と外刃が完全に1つのパーツとして一体化しているので、内刃と外刃がバラバラに売られている他メーカーの替刃に比べて高く感じますが、セットで買うとブラウンの一体型の替刃と値段としてはあまり変わらないのではないでしょうか。

 

2. シェーバーごと買い換えるメリット

もし、5年以上前のシェーバーを使用しているのであれば、新しいシェーバーを買った方がお得かもしれません。

パソコンやスマートフォンなどのデジタル商品ほどではないけど、シェーバーも「古い機種は型落ちして安くなる」傾向にあります。

例えば、ラムダッシュ3枚刃といえば発売された当初は衝撃的でした。しかし、今は5枚刃が発売されており、ラムダッシュの最高機種だったラムダッシュ3枚刃も今は中価格帯の機種となっております。

替刃を購入する前に、今持っているシェーバーの性能と価格を調べてみてはどうでしょう。

 

3. メーカーによって替刃の寿命は違う

替刃の寿命もメーカーによってバラバラです。

例えばパナソニック(ラムダッシュ)は外刃約1年、内刃は約2年ですが、ブラウンは1年半、フィリップスは2年で交換することを推奨しております。

フィリップスだけがちょっと長いのは回転式だからみたいです。

ちなみにラムダッシュやブラウンは、往復式シェーバーとなっています。

 

スポンサーリンク


ブラウン 替刃一覧表

シリーズ 替刃の型番
ブラウン メンズシェーバー シリーズ9 9090cc 4枚刃

シリーズ9

シルバー F/C90S ブラック F/C90B
ブラウン シリーズ7 メンズシェーバー 790cc-7 3枚刃

シリーズ7

ブラック F/C70B-3
ブラウン シリーズ5 メンズシェーバー 3枚刃 5030s

シリーズ5

シルバー F/C 52S ブラック F/C 52B

※型番のリンクをクリックすると、アマゾンの詳細情報を見ることができます。

 

当然のことですが、網刃・内刃は時間を経るにつれて摩耗します。

ブラウンでは、上質な剃り心地を維持するため一般的に十分な手入れを行ない、平均的な頻度で使用した場合、18ヶ月ごとに網刃・内刃を交換することをおすすめしているようです。

 

替刃はアマゾンで買わないと損だぞ

ブラウンの交換頻度は1年半にも関わらず、私は6年間も使っていたようです。

ここ最近は剃り味が悪いかなと思うことはありましたが、けっこう長く使えるものみたいです。

さて、替刃を購入しようと大手量販店に行きましたが、結構高い金額にびっくりです。

ヤマダ電機やケーズ電気など回ってきましたが、どこの量販店も7000円前後するみたいですね。

P_20150903_190144

 

P_20150903_180443

 

実は、数ヶ月間ほど購入しようかしまいか考えていたんです。

それで、アマゾンにも売っているだろと検索してみたら、なんとものすごい安い値段で見つけました。

ネットで買うだけで2000円以上も安く購入できるのは素晴らしい。というか、おそらくこの値段が適正で、家電量販店などはデジタル製品で利益が出ないのでこういった消耗品で儲けているのではないかな?

ま~、しょうがないかな。

 

アマゾンで替刃の正規品を見つけることが出来ましたが、ちょっと下の方にスクロールすると「並行輸入品」と言うやつを発見。

しかも正規品と比べても安い!!!

さらに1000円程安いんです。

どんな商品においても基本的に正規品を購入するようにしておりますが、今回は価格の安さに釣られましたね。

とりあえず、レビューを見てみると、

純正品の穴は花の形(円形)の組み合わせであるのに対して,こちらは楕円形の穴を規則正しく並べた感じ。純正品の複雑な形にメーカーの開発意図があるのだろうと思うけれど,楕円の規則正しい配列も精密機械的な美しさがあるように思う。

とか、

網の穴が少し大きくなったおかげで剃るのは早くなりました。そして髭が伸びてても、ひっかからなくなりました。網も、長時間使用しても今のところ熱くならない。

っていうレビューがあり、なんか良さそう。

購入者も多いみたいで、レビュー件数も多いので並行輸入品でも信頼できそうな商品と判断。

そして、ぽちり。

 

手元に到着しました。やっぱり新品は良いです!

ブラウン1さて、さて、商品が届きましたよ。

パッケージはちょっと違うけど、そんなに気にならないレベル。

ーで、現在使っている物と比べてみました。

↓左側が今まで使っていたもの、右側が並行輸入品の替刃です。

P_20150903_194806

 

古くなっている分、今まで使っていた物の方がくすみがあって古いのが分かります。逆に新しく購入した替刃はキラキラしてますね。

あと、網目の模様がちょっと違うのが分かります。新しく買った替刃の方が若干、穴が大きいかな。

↓ブラウンのシェーバー本体にセットした写真。

ブラウン5問題なく、セットできました。替刃を変えただけでシェーバー自体が生き返ったような輝きです。

うれしいっす!!

 

使い心地に問題なし。剃りあじが向上して満足です。

剃り味が悪くなっていくのは徐々にだから意外と気づきづらいけど、復活するときは一気に復活するから、その感動は大きいですね。

切れ味復活で、髭剃りの時間短縮&深剃りが戻ってきました。

朝に髭を剃ったら夕方にはじょりじょりしていたものが、深剃りできているおかげなのか夕方になってもじょりじょり感が減りました。

見た目、使い心地も国内版と違いは感じません。
どうしても国内版に強いこだわりがあるのでなければ、こちらをオススメします。

 

あと、シェービングジェルについておススメがあります。

このシック シェーブガード シェービングジェルフォームは、はじめはジェルでヒゲを根元から柔らかくし、肌になじませるとクリーミーな泡に変化して深剃りができます。

瞬時にジェルからきめの細かい泡に変わりしっかりと肌に乗るので、スムーズな深剃りが可能。ヒゲ剃り後のお肌はスベスベです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です