AppleのSIMフリースマホ「iPhone6s」と一緒に使いたい!おススメの格安SIMをご紹介。

6s

いよいよ発売となったAppleのiPhone 6sおよび6s Plus。

Appleが発売した過去の製品よりハード面でもソフト面でも素晴らしい出来栄えであることは間違いないのではないでしょうか。

それだけに、多くの人が発売を楽しみにしていたはずです。

以前はソフトバンクだけで取扱っていたiPhoneですが、最近ではドコモ、auなど大手キャリアなども取扱うようになってiPhoneを使っているユーザーもかなり多いように思います。

さて、今回発表となったiPhone 6sおよび6s Plusなんですが、SIMフリースマホとしても発売されております。

iPhone 6、6 Plusと比べて価格はどうなったのか?Appleのホームページを参照にまとめてみました。

6s 価格上記の表より、おおむね2万円ほど高価になっているのが分かりますね。

モデルチェンジするにつれてだんだんと高価になっていくSIMフリー版iPhoneですが、今回はMVNO(格安SIM)とセットで2年間使った場合のランニングコストを試算してみました!

※2年間としたのは大手キャリアが2年縛りをしているので比較しやすい為です。

[adsense]

 

スポンサーリンク


SIMフリーiPhone 6s 16GBと大手MVNO(格安SIM)のIIJmio(みおふぉん)を利用した場合の料金試算

iPhone 6sの中でも一番安い16GBの本体価格は86,800円となっています。

今現在、私が利用しているMVNO(格安SIM)は、IIJmio(みおふぉん)です。

会社名だけを聞くと知らない人も多いかもしれませんが、オリコンのMVNO(格安SIM)ランキングでも上位でユーザーからの評判も良い通信会社となっています。

通信量のプランはいろいろありますが、私はデータ通信容量が月々3GBの最も安いミニマムスタートプランを利用しています。
月額料金は900円+音声通話付帯料700円の1,600円。
これに通話料が加算されますが、LINEなどのSNSも問題なく使えるので知り合いとの通話はLINE電話しています。
なので、本当に毎月1600円しか携帯代を払っていないんですよね。

iPhone6・最新のiOSにも対応/IIJmio格安SIM

 

iij 価格

詳しくは公式サイトで。(IIJmio

ここから計算に入ります。
93,744円/24ヵ月(スマホ代) + 1,728円(月額料金) = 5,634円

SIMフリーiPhone 6sの16GBをIIJmioの音声通話つきミニマムスタートプランで2年間利用したとすると、1ヶ月あたり5,634円かかることがわかりました。

[adsense]

 

スポンサーリンク


ドコモ、au、ソフトバンクでiPhone 6sを契約した時の月額料金比較!

はじめに、謝っておきます。

すみません<(_ _)>

料金プランを比較しようと思っていたんですが、各社のプランが複雑すぎて分かりません。

NMPなのか、新規契約なのか、機種変更なのか。

それプラス、データ通信料はどのくらいなのかで変わってきます。これにiPhone 6sの購入代金を入れるとサッパリな状態です。

 

各社の料金シュミレーションを参考にとりあえず表にしてみましたが、おそらくauにはiPhone 6s(16GB)の端末代金が入っていて、ドコモとソフトバンクには端末代金は入っていない模様。

料金プラン

 

これに割引キャンペーンとか入ってくると思いますが、各社一番安いプランでも7,000円以上するのは確実なのではないでしょうか?

 

SIMフリーiPhone 6sの16GBをIIJmioの音声通話つきミニマムスタートプランで2年間利用したとすると、1ヶ月あたり5,634円なので、同じiPhone 6sの16GBを購入したとしても2,000円ぐらいはMVNO(格安SIM)の方が安いみたいです。

2年間利用した場合には、

2000円(差額)× 24ヵ月 = 48,000円

ほどの割安度になるみたいです。

【DMM mobile】データSIMプラン業界最安

一番のおススメMVNO(格安SIM)は、業界最安値を維持し続ける「DMM.mobile」

「DMM.mobile」は、音声SIM付きデータプランを3GB:15000円(税抜き)で提供しています。

これは、この会社は業界最安を謳っていますが、他の会社が値下げしてきたら追随して最安値にする対応をしています。

まさに、業界最安値を有言実行し続けています。

なので、どこのMVNO(格安SIM)で契約しようかと迷った場合には、「DMM.mobile」にしとけば問題ないでしょう。

 

格安simというだけあって、こういったものを契約しようとするお客さんは値段にこだわりを持っており、10円の差でも契約数に影響する業界なんでしょうね。

キャンペーンなどで新規顧客を囲い込み、既存客に高額な料金を請求するというキャリアと違い、できるだけ安いプランにして魅力を高め新規客を集める。
そして既存客にも恩恵があるといった競争の方が正しいのではないかと思います。

【DMM mobile】データSIMプラン業界最安

安いより大切なもの。DMM.mobileが選ばれる理由

価格競争の激しいMVNO(格安SIM)業界ですが、「安かろう、悪かろう」な商売で生き残れる時代ではなくなったんです。

こういった通信会社の生命線って、回線品質だと思います。

ちょっと前の話なんですが、容量無制限で高速通信できると謳って客を集めた業者があったんですが、いざ加入してみると繋がらないという問題がありました。
もちろん、不満爆発ですよ。

 

ネット上でも話題になり、価格だけではなく通信品質の高さに焦点があたった事件でした。

つまり、何が言いたいかというと、価格だけでなくちゃんと繋がる格安simを選びなさいよ。ってことです。

それじゃ~、DMM.mobileはどうなのか?

はい、品質 高いっす。

実は、ややっこしい話なんですが、DMM.mobileはオリコンランキングのお客様満足度が高いIIJと提携していて、ざっくりいうとIIJの回線と一緒なんです。

なのに、全プラン業界最安値。IIJよりも安い。
※このIIJって会社、知らない人も多いと思いますが、業界の中でも信用度が高いことで有名で、通信品質は業界トップクラスなんです。

価格はどの会社よりも安く、通信品質は最高なものを提供するDMM.mobileは、お客様のことを一番考えている会社だと思います。

そういった状況をみて、多くの方がDMM.mobileと契約しているのではなかろうか。

私はIIJと契約していますが、もう少し早くDMM.mobileのことを知っていれば契約していただろうと思います。

とりあえず、DMM.mobileであれば損することはないのではないでしょうか。

AppleからiPhone 6sが発売されましたが、大手キャリアの通信量の高さをもう一度理解し、SIMフリーiPhone 6sを購入して適正な価格を提示しているMVNO(格安SIM)でデータ通信してみませんか?

▼詳細はこちらから▼
DMM mobile公式

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です