憧れの高級車『アウディ A4』をレンタルして九十九里浜と鴨川シーワールドに行ってきました。

どうも!朝倉です。

セミリタイアに向けて節約も大事ですが、人生を楽しむことはもっと大事です。

今回は、アウディのA4という車をレンタルして九十九里浜までドライブしたので記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク


オリックスレンタカーは外車をレンタルしてくれます。

皆さんはベンツやBMW、ポルシェなどの外車に乗ってみたいと思いませんか?

乗ってみたいけど・・・

外車を購入するお金なんてないし・・・

そんな人におススメなのがレンタカーという選択です。意外に知られていないのですが、外車をレンタルしているレンタカー会社が存在するのです。

それも、大手のレンタカー会社。

その名は、

「オリックスレンタカー」

 

自分で購入して維持していくには大変だけど、乗ってみたい!

と思う方も多いのではないか?と感じます。

今回は、外車の中でも私がいつかは買おうとしているアウディのA4を一日間借りてきました。

目的は九十九里浜。

スポンサーリンク


オリックスレンタカーの中でも、高級車・外車を借りれる店舗は決まっている。

今回、私が利用したレンタカーは、「タステック・レンタリース」というところです。

高級車・外車(輸入車)を中心にレンタカーサービスを行っている「タステック・レンタリース」は、オリックスレンタカーのフランチャイズ会社です。

オリックスレンタカーという会社は全国的に知られており、首都圏にも数多くの店舗がありますが、高級車を借りれる店舗は「タステック・レンタリース」が運営する店舗だけとなっており、首都圏(東京・神奈川・埼玉)を中心に全18店舗となっています。

タステック

 

首都圏に結構あるので、都合のよい店舗から借りれると思います。

私は、九十九里浜に行くと決めていたのでアクアラインに近い羽田空港店で借りてみました。

借り方は、高級車の場合は電話予約のみらしいので、電話をして当日に店舗に行く。

そして、申し込みをして代金の支払い。高級車の場合は支払いはクレジットカードのみらしいです。

 

アウディ A4の紹介

アウディ外装

 

こちらが今回レンタルしたアウディ A4。

ボディラインは流れるような流線型。一目見たときから惚れ惚れしますし、このデザインに魅かれて購入した人も多いはずです。

インテリアは上質だと思います。

MMIのナビは、タッチパネルに慣れていると最初は使いにくいと感じますが、すぐに慣れるはずです。

スピードメーターは高級感とスポーティさを兼ね備えていて非常にかっこいいです。

アウディ内装

実際にエンジンをかけて走行してみると、停車時からの立ち上がりはレスポンスが悪いかなと感じました。

ただ、1500回転超えたころからグっと加速が効いて、車体が軽いからこんなに加速が良いの?ろ思いましたが、車重はそんなに軽くはないはず。

この車はアイドリングストップも付いていますが、エンジン再始動時の揺れが気になりますし、正直いらないかな。

 

ハンドルは軽く、運転は非常にしやすいです。

高速道路でもどっしりと安定感があります。メーターを見ていないと、すぐに速度オーバーになるので気をつけましょう。

 

乗り心地は良いです。

ロードノイズもほとんど拾わないですし、シートも大き目なので安定感があり、乗り心地は上々です。

 

九十九里浜に到着

海

オリックスレンタカーの羽田空港店からアクアラインを経由して1時間30分ぐらいでしょうか。

サーフィンの聖地、九十九里浜に到着しました。

地図上で見ると距離があるように感じていたんですが、意外に近いもんなんですね。

当日は曇り空だったせいで、良い風景は撮れなかったのが残念ですね。

天気は悪かったですが、せっかく九十九里浜まで来たので車と一緒に海岸を撮ってみました。

 

お昼は道の駅「オライはすぬま」の中にあるレストラン「蓮味」でいわし丼を頂きました。

さてさて、旅の楽しみのひとつに食事がありますよね。

ドライブしていて気がついたんですが、九十九里周辺はいわしが有名らしくて、いろんなところで看板が立っていました。

私的には、九十九里浜といえばはまぐりというイメージでしたので、いわしが名物とは良いことを知りました。

そんでもって、それじゃーいわしを食いに行ってみようというテンションになり、食べログを使って探したところ、道の駅「オライはすぬま」に目がとまりました。

九十九里浜から距離的にも近くて、なにせクチコミの評価が良い。

それに困った時は、道の駅!でしょ。

道の駅 はすぬま

 

12時前に着いたので、駐車スペースはありました。

70台以上の駐車スペースがあるみたいで、駐車場に困るということはないように思います。

今回は、道の駅敷地内内にあるお食事処にいったので、地元の人だけではなく、観光の人も多くいまして、10分ぐらい待ちました。

お店の中は、地元のおばちゃんたちがメインとなって切り盛りしている感じで、なれた感じで仕事されていたので予想よりも早く座ることができたなという印象です。

メニューを開くと、一番おススメはいわし丼!と書かれていましたので、迷わずいわし丼を注文。

どんぶりに入ったご飯の上にいわしの天ぷらが3匹のっていて、甘辛いタレとごまネギ、ノリがのっています。

そのほかにもお味噌汁、つけものやゼリーなどがセットになっていて650円は安いでしょ。

イワシはフライにしていても脂がのっているのが分かるぐらい旨味を感じ、身がほろほろとしていました。

正直、いわしが3匹のっているのでボリュームもあり、大満足。

 

道の駅 食事

 

 

九十九里浜から鴨川へ

道の駅でお昼ご飯を食べた後は、房総半島を南下して鴨川まで行ってきました。

鴨川までは海沿いをドライブするコースもあれば、山を越えるコースもありドライブコースとしては最高。

この下の写真は、鴨川市に行く途中にあった休憩所?みたいなところで撮った写真です。

ここも砂浜が広がっていて、サーファーの人が結構いましたよ。

波の高い陽気だったんですが、こういった時でもサーフィンするんですね。

逆にこういった時こそサーフィン日和なのかもしれませんね。

サーフィンって男の人がやっているイメージだったんですが、結構かわいい女性もいました。

こういった男の人がやるようなところにいる女性って、高確率で彼氏の影響ですよね。あるいは元彼とか。

スポーツ観戦やバイクや、音楽など彼氏と一緒に連れられてはまってしまったというパターン。多くないですか?

 

九十九里浜

 

さてさて、ドライブの休憩も終わって、再出発したあとの目的と言えば、鴨川シーワールド!

いろいろな体験ができるのでとっても人気がある水族館でした。

海沿いぎりぎりの場所にあって、ここの周辺には立派なホテルもあって賑わっていました。

親子連れがメインでしたが、おじいちゃんおばあちゃんも結構いる感じでした。

ジェットコースターなどに乗る遊園地とかと違って、みんなで楽しめる場所ということでおススメですね。

 

鴨川シーワールド

 

 

羽田から九十九里浜までは意外にも近かった。

海ほたる

 

鴨川シーワールドを楽しんだ後は、岐路につきます。

ここからはほとんど一般道で帰りました。

この写真は、アクアラインの海ほたるサービスエリアです。行きがけには写真が撮れなかったので帰りに撮ってみました。

ここまでは橋をわたっているんですが、写真の信号機を過ぎたあたりからは海底トンネルとなっています。

意外にも交通量は多く、数年前の通行料割引の効果が絶大に出ているといったところでしょうか。

 

海底トンネルを出たらすぐに羽田空港に着きますので、今回の旅はこれでおしまい。

自分の中では結構盛りだくさんだったんですが、これでも一日コースなので結構内容の濃い休日となりましたよ。

今度は富士山方面にドライブしたいなと計画を立てています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です